【不登校】他人のアドバイスは聞かなくていい

アドバイスアイキャッチ画像心理・メンタル
えむへい
えむへい

こんにちは。
元高校教師、元不登校生、元不登校生の親、えむへいです。

何もわかってない親戚のおっさん
何もわかってない親戚のおっさん

不登校になるのは子どもを甘やかしているからだろ。
子育ては厳しくすればいいんだよ厳しく。

何もわかってない親戚のおばさん1
何もわかってない親戚のおばさん1

不登校になったのはあなたの育て方が悪いからじゃない?
まったくもう…

何もわかってない親戚のおばさん2
何もわかってない親戚のおばさん2

不登校はただの甘えだよ〇〇ちゃん。
社会に出ればもっと苦しいことがいっぱいあるんだから我慢して頑張らないとダメよ。

不登校の母
不登校の親

・・・

不登校の子ども
不登校の子ども

・・・

今回はこんな感じで、周りから心無いアドバイスを言われてしまっている不登校の親子向けの記事となっています。

今回の記事の内容は以下になります。

・他人のアドバイスは聞かなくていい
・心の回復を優先すべし

【不登校】他人のアドバイスは聞かなくていい

アドバイス記事内画像1

他人の、特にそのへんの一般人のアドバイスなんて別に一生懸命聞く必要はないです。

理由は以下です。

・経験してないとわからないことが多い
・経験したとしても中身は違う
・だから成功体験も当てはまらない
・そもそも偉そうにアドバイスしてくる人はたいてい自己満足したいだけ

「不登校」に限って言えば、自分または自分の子どもが不登校になった経験がなければ、かなり不登校のことを理解するのは困難です。

また、そのような経験をした人であっても、不登校の形はその家庭や親子が違えば中身や問題点、解決方法も全然違います。

だからたとえその人が過去に不登校を克服した経験を持っていたとしても、その成功体験がそのまま他人の不登校問題にも当てはまるかと言えば全然そんなことはありません。

もしそうだったら、今頃世の中こんなに不登校のことで悩んでいる人はいませんよね。

不登校は完全に「経験主義」、「経験重視」な問題だと私は感じます。

でも別に「不登校を経験したことがない人に不登校を語る資格はない」とまでは全然思っていません。

ただでも、「学校に行きたくても行けない、自分で自分がよくわからない」という子どもの気持ちや、「自分の子どもなのに子どもの気持ちがよくわからない、何とかしてあげたいけどどうしていいかわからない」と途方に暮れる親の気持ち、長期的に続く家族全体がどよーんとした雰囲気で覆われたあの独特な重苦しい空気などは、経験した人でないとなかなかわかりづらいとは思います。

なのに、この「経験」さえも他人の不登校の問題には通じないことが多いです。

だからそれくらい不登校というものを解決、克服することはすごく難しいことだし、また時間もたくさんかかるものだと言えます。

だからなおさら人のアドバイスなんてそんな聞かなくていいです。

何かで見たんですが、嫌なことを言われたら自分を「石像化」してテキトーに相槌を打って聞き流してしまいましょう。

上記の論理でいけば、そもそも私のこの記事も全く聞かなくていいということになってしまいますが、一応私は不登校についてはそれなりに経験がある者として、大目に見て少しは聞いていただければと思います🙇‍♂️

自分で解決できる力が人にはある

アドバイス記事内画像2

つい先日私は以下のツイートをしました。

上記の通りで、私は普段何かの相談を受けるときは、一応なるべくその人に合わせた①のような具体的アドバイスを心がけてはいますが、でも「②の視点」もかなり意識しながら相談者の方々と面談をしています。

それは私には以下の考えが根本にあるからです。

心が回復さえすれば、人は自分で自分の問題を解決できる

確かに他人から何か具体的なアドバイスをもらって、それによって物事が解決するということは世の中たくさんあると思います。

でもそもそも人間には「自浄能力」というか「自然治癒力」みたいなものが元から備わっていて、自分で自己解決できる力も十分持っていると感じます。

少なくとも私自身はこれまでそういうことが多かったです。

それに後々のことを考えると、自分で解決した方が耐性がついて病みにくくなる気もします。

なので、当たり前の話ではあるんですが、何かで心が傷ついてしまったらまずはその傷の回復を最優先すべきです。

実際のケガの場合もそうですよね。

傷そっちのけで、「なんでそういうケガをしたのか」とか、「誰がそのケガを負わせたのか」とかの議論なんてしませんよね。

あくまでもそういう議論は、ケガをある程度処置した後に行われるはずです。

そういう意味でも、何かで辛い思いをしていたり、傷ついてしまっているときには、耳の痛いアドバイスよりも、「自分にとって心地よいもの」に触れて、まずは心の体力を回復することの方が大切だと私は考えます。

自分に心地よいものとは

具体的には以下のようなものに触れて、心の体力を回復すればいいと思います。

・自分の好きな音楽
・自分の好きな本
・自分の好きなマンガ
・自分の好きなブログ
・自分の好きなツイート
・自分の好きな動画 など

要するに、自分が好きなもの、自分の「推し」なものに触れて心の回復を図って元気になっていければいいと思います。

「あー、この人の歌は今の自分の気持ちと重なるな」とか、「この人のツイートは共感できるな」とか、そういうのに触れながらエネルギーを充電していければベストです。

わざわざ無理して耳の痛いアドバイスは聞かなくてもいいです。

そういうアドバイスに触れるのは、少し元気になって、いろんなことを多角的に広い視野で考えられるようになってからでいいと私は思います。

ひどく傷ついたままで、心の体力も全然回復しないうちは、何をやっても前に進む力が湧いて出てこないです。

まとめ

アドバイス記事内画像3

では今回の記事をまとめます。

・他人のアドバイスなんて役に立たないことが多いからそんなに一生懸命聞かなくていい
・まずは心の回復を意識して優先する

心を傷つけてまで厳しいアドバイスに耳を傾けるのは本末転倒です。

意識して自分の心身を大切にしてほしいと思います。

今回は以上になります。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました